ホワイトニングだけじゃなく毛穴にもオススメ「コスメライトクリーム」

女性にとって日焼けやシミは多い悩みですが、それ以上と言っていいのは毛穴の黒ずみや開きではないでしょうか。毛穴を隠すための化粧品は沢山出ていますが、やはり詰まったり取り切れなかったりで開きが大きくなってしまいます。隠すならコスメライトクリームでしっかりケアをすることをオススメしたいです!

*

角栓がゴッソリ取れる毛穴用のパックって本当に良いのか?

      2016/12/17

思春期の男女の肌質は体が成長過程ということもあり、ホルモンバランスが整わず、皮脂の過剰分泌により肌がテカリやすくなる特徴があります。

毛穴に皮脂が詰まり時間が経つと皮脂が固り角栓と呼ばれるものになります。角栓となることで毛穴を広げそのままお手入れをせずに放置してしまうと、詰まった角栓は酸化して黒ずんでブツブツに見えることで『イチゴ鼻』と呼ばれる状態になってしまいます。

毛穴用パックは人気

毛穴のお手入れで一番ポピュラーな方法として、コンビニやドラッグストアで販売されている毛穴用パックを利用することではないでしょうか。

毛穴パックは毛穴の中の汚れがゴッソリ取れるので、肌を綺麗にした達成感を得ることができるので人気が高いのです。ただパックを剥がす際に優しくゆっくり剥がさないと、鼻表面の新しい角質も一緒に除去してしまい外部からの刺激から皮膚を守ってくれるバリア機能が壊れ、肌が乾燥する状態や痛める可能性が高くなってしまうのです。

顔は特に皮膚が薄くデリケートな部位なので、毛穴の汚れを落とすために頻繁に毛穴パックを利用していると、肌のコンディションが悪くなったり、角質を除去した後に毛穴を引き締めるお手入れを念入りに行わないと毛穴が広がる状態となります。正しくお手入れをする場合は皮膚に優しい毛穴ケアを心がけることと、ケア後は潤いを与えるアフターケアをしっかり済ませることが必須です。

できるだけ使用頻度を下げる

毛穴パックは一度で毛穴に詰まった角栓がゴッソリ取れるので便利ですが、使用する場合はできるだけ間隔を空けて利用することが大前提となります。

皮膚の状況によりますがコンディションが良い時を見計らって、洗顔をして表面的な汚れを落とします。それからホットタオルで顔を覆い温めておくと毛穴が広がるので、パックを利用する際に皮膚に負荷がすくなくなり角栓を除去することが可能です。

また角栓を除去した後の毛穴はそのまま穴が空いた状態となってしまいます。汚れを除去したから終わりとそのまま放置してしまうと、空いてしまった毛穴に再び汚れが詰まってしまう可能性が高いので、毛穴を引き締めるためにも化粧水、乳液、クリームと皮膚を引き締めるお手入れをしっかり済ませることが大切です。

最近では毛穴を引き締める効果がある収れん化粧水なども幅広く販売されていますので、毛穴パックを行った後の引き締めケアを行いたいと思っている場合には、収れん化粧水でしっかりパッティングし皮膚が乾燥しないように保湿をし、潤いを逃がさないことが大切になります。