ホワイトニングだけじゃなく毛穴にもオススメ「コスメライトクリーム」

女性にとって日焼けやシミは多い悩みですが、それ以上と言っていいのは毛穴の黒ずみや開きではないでしょうか。毛穴を隠すための化粧品は沢山出ていますが、やはり詰まったり取り切れなかったりで開きが大きくなってしまいます。隠すならコスメライトクリームでしっかりケアをすることをオススメしたいです!

*

ホワイトニングやシミだけじゃなく毛穴にも使えるのがコスメライトクリーム

シミが顔にできると、13歳程度も年上に見られるというデータもあるほど、老け顔に見えてしまいます。

肌は外部から紫外線などの刺激を受けるとメラニン色素を発生させますが、過剰に発生すると新陳代謝によって排出されず、色素沈着を起こしてシミとなってしまいます。若いころは、新陳代謝が良いため、あまり目立ちませんが、年齢を重ねていくうちに肌の新陳代謝が衰え、肌の奥に潜んでいる予備軍が急に表に出てきて目立ってくるという状態になります。

目立ってきたシミを改善するのにはなかなか難しいのですが、肌の漂白作用のあるハイドロキノンが配合されている化粧品が人気です。

ハイドロキノンとトレチノイン配合

肌のホワイトニング作用に効果のある商品の1つ、コスメライトクリームはハイドロキノンを2%配合しています。
ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンの生成を抑制し、メラノサイトにも働くのでできてしまったシミにも作用します。美白効果があることで美容クリニックなどでも人気のある成分です。

また肌の新陳代謝を上げて肝斑を取り除く作用をするトレチノインも配合されているところがこの商品の特徴です。
トレチノインの作用は、ビタミンAの100倍あるといわれています。またこのトレチノインは、ハイドロキノンの効果を大幅に増幅させる相乗効果があります。

その2つの成分を一緒に配合しているのがコスメライトクリームの魅力であると言えます。

コスメライトクリームは毛穴トラブルにも最適

コスメライトクリームにはニキビやブツブツした肌荒れ、いちご鼻など毛穴のトラブルにも使える商品です。

その理由は、フランカルボン酸モメタゾンという成分が配合されているからです。この成分には、肌を炎症から守る作用を持っています。ステロイドとして鎮痛、鎮痒、収れん、消炎作用を持っています。湿疹や皮膚炎の治療にも使用されている成分です。これによりニキビなどの肌荒れを予防したり緩和したりする効果が期待できます。

塗るだけで効果があるのがコスメライトクリーム

コスメライトクリームは、洗顔後に気になる部分に適量塗るだけです。

肌の新陳代謝が活発になる、就寝前に利用することがおすすめです。また朝に使用した場合はSPF値の高い日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をする必要があります。ハイドロキノンを塗った肌は、炎症を起こしやすく刺激を受けやすいため、紫外線によるダメージを受けやすいからです。せっかく肌を改善しようと思っていても紫外線対策を怠ることで逆に色素沈着を起こしてしまうこともあります。

また、クリームの適量を守りましょう。塗りすぎると白斑といって、肌が白く抜けてしまう状態になることがあるので注意が必要です。白斑は最悪の場合、元に戻ることはありません。

公開日: